「保護されていない通信」が表示されてSSL化されない原因と対処法【WordPress】

WordPressサイトを運営していて、SSL化されているはずなのにURLの左に以下の画像のように「保護されていない通信」と表示されてSSL化されないことがあります。

保護されていない通信

今回はその原因と対処法について解説していきます。

「保護されていない通信」が表示される原因

レンタルサーバーを利用してWordPressを運営している場合、mixhostのサーバーであれば自動でSSL化してくれます。但し、それでも「保護されていない通信」が表示される場合があります。

「保護されていない通信」が表示されてしまう原因ですが、ページ内で参照しているファイル(画像やCSS、Javascriptなど)やリンクに「http://〜」が使われているとエラーが発生してしまい、保護された通信表示になりません。その影響で一部の内容が表示されなくなる場合もあります。

SSLで保護された通信表示にする方法

1.「保護されていない通信」が表示されているページで、「F12」キーを押します。

2.コンソール(Console)タブをクリックします。

3.httpで始まるURLを確認して修正を行います。(httpsに変更する、削除するなど)

Chromeコンソール

・確認する場所
Chromeの場合、「Mixed Content」の表示内容を確認してください。
FireFoxの場合、「混在アクティブコンテンツ」の表示内容を確認してください。
Microsoft Edgeの場合、「セキュリティーエラーコードSEC7111」の表示内容を確認してください。

よくありがちなのが、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)から取得した広告コードがSSL化されていないリンク先など、他サイトへのリンクやコードを貼り付けている場合に発生しやすいです。

私は複数のサイトを運営していたのですが、同じ設定なのに「保護されていない通信」のサイトがありました。原因は、そのサイトでのみ掲載していた広告が「http://」で始まるサイトでした。

また、画像ファイルの参照先が「http://」になっていたことで「保護されていない通信」になっていたこともありました。

もし「http://」の記載が複数あって「http://」から「https://」に一括置換をしたい場合には、以下のページで紹介している「Search Regex」が非常に使いやすく簡単でオススメです。

【保存版】WordPress用途別おすすめプラグインまとめ【50種類以上】
WordPressには大変便利なプラグインが数多く存在します。以下にオススメできるプラグインを紹介していきますので、自分に必要だと思うものをインストールして使うことをオススメします。また、WordPressインストール後デフォルトで…続きを読む
 
スポンサーリンク