持続化給付金の給付条件と申請手続きに必要なもの、方法とその手順【フリーランス・中小企業必見】

2020年4月27日(月)、持続化給付金に関するお知らせの速報が入りました。

新型コロナウイルスの影響により特に影響を受けている個人事業主・フリーランス、中小企業といった事業者は是非早めに準備して申請しましょう。

持続化給付金の受け取りに必要なものや申請方法と手順については以下の通りです。

持続化給付金とは?

新型コロナウイルス感染症拡大により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給するというもの。

持続化給付金の給付額

法人は200万円、個人事業者は100万円
※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とする

給付額の計算式
前年総売上 ―(前年同月比50%以上減少した月の売上×12か月)

※上記算出方法により、最大で法人に200万円・個人事業主に100万円を支給

持続化給付金の給付条件

1.新型コロナウイルス感染症の影響により、
ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。

2.2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続
する意思がある事業者。

3.法人の場合は、
①資本金の額又は出資の総額が10億円未満、又は、
②上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下
である事業者。

※2019年に創業した方や売上が一定期間に偏在している方などには特例があります。
※一度給付を受けた方は、再度給付申請することができません。
※詳細は、申請要領等をご確認下さい。

申請要領はこちら

持続化給付金の申請手続きに必要な書類

持続化給付金受け取りの申請手続きに必要なもの、書類は以下の通りです。

詳細は申請要領等を必ず確認してください。代わりのもので認められる書類もあります。

申請要領はこちら

※以下のもの以外に書類が必要となる場合もあります

①2019年(法人は前事業年度)確定申告書類

2019年確定申告書類

※e-Taxを通じて申告を行っている場合、これらに相当するものを提出して下さい。

②売上減少となった月の売上台帳の写し

売上台帳の写し

③通帳写し

通帳写し

④(個人事業者のみなさま)身分証明書写し

身分証明書写し

持続化給付金の申請方法

1.持続化給付金ホームページへアクセス

申請はスマホからでも可能です。

※持続化給付金ホームページは令和2年度補正予算成立の翌日に開設予定

2.申請ボタンを押して、メールアドレスなどを入力[仮登録]

3.入力したメールアドレスに、メールが届いていることを確認して[本登録]

4.ID・パスワードを入力すると[マイページ]が作成されます

表示された項目に入力を行う。

  • 基本情報(法人・個人の基本事項と、ご連絡先)
  • 売上額(入力すると、申請金額を自動計算)
  • 口座情報(通帳の写しをアップロード)

5.必要書類を添付

  • 2019年の確定申告書類の控え
  • 売上減少となった月の売上台帳の写し
  • 身分証明書の写し(個人事業者の場合)
    ※スマホなどの写真画像でもOK(できるだけきれいに撮ること)

6.申請する

申請が終わると、持続化給付金事務局で申請内容を確認
※申請に不備があった場合は、メールとマイページへの通知で連絡が入ります。

持続化給付金の入金時期

通常2週間程度で、給付通知書が発送され、登録した口座に入金されます。

持続化給付金の申請ページ

持続化給付金の申請は以下のページから行うことができます。

持続化給付金
感染症拡大による、営業自粛等で特に大きな影響を受けている、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくために、事業全般に広く使える給付金を給付します。

 

詳細は以下の資料をご覧ください。

持続化給付金に関するお知らせ(速報版)

持続化給付金の申請要領(個人事業者等向け)

持続化給付金の申請要領(中小法人等向け)

【個人事業主向け】申請手順を実際の画面で解説した動画

 
スポンサーリンク