【WordPress】大量の特定記事を別サイトに引っ越した後のリダイレクト設定【超簡単】

WordPressでブログを書いてて、記事のテーマごとに別サイトに分けたいとか、今使ってるURLを別サイトとして展開したいと思うことありますよね。

私の場合は、

「https://dyu-la.com」をオフィシャルサイトにしたい
「https://dyu-la.com」で書いていたブログを「https://blog.dyu-la.com」(当サイト)で運営したい

と考え、引っ越しをすることにしました。

引っ越し後、元のURLに訪れた方をリダイレクトさせたいと思ったのですが、URL丸ごとリダイレクトさせるとオフィシャルサイトのページもリダイレクトされてしまい、うまくいきません。

調べていたところ、「簡単に大量の特定記事を引っ越し先サイトにリダイレクトする方法」が分かりましたので手順を解説します。

※ドメイン以外の記事URLが同じ前提で話を進めます。

WordPressプラグインをインストールする

以下の2つのプラグインをリダイレクト元のWordPressサイトにインストールします。

ezPHP

WordPressの投稿ページでPHPコードを処理させるプラグインです。
既に別のPHPコード処理系プラグインがインストールされている場合はそちらでも問題ありません。

Redirection

指定された旧URLを新URLにリダイレクトするプラグインです。
CSVファイルを読み込んで大量のURLでもまとめてリダイレクトしてくれます。

表計算アプリケーションを用意する

MicroSoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算アプリケーションが必要です。
私は、Libre Office Calcを使いました。
MicroSoft Officeとほぼ同機能が無料で使えるソフトウェアです。

download | LibreOffice - オフィススイートのルネサンス

一括リダイレクト設定手順

リダイレクト先URLを一覧表示する

引っ越し後の記事URLを一覧で表示します。

 

「新規投稿」の「テキスト」にリダイレクトする必要のあるコードを以下の中から選んでコピー&ペーストで貼り付けます。

1.投稿記事のURLを一覧表示するコード

<ul>
<?php query_posts(‘posts_per_page=1000’); ?>
<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
<li>
<a href=”<?php the_permalink(); ?>”><?php the_permalink(); ?></a>
</li>
<?php endwhile; endif; ?>
<?php wp_reset_query(); ?>
</ul>

2.固定ページのURLを一覧表示するコード

<ul>
<?php global $post;
$args = array(
‘post_type’ => ‘page’,
‘number’ => 1000
);
$myposts = get_pages( $args );
foreach( $myposts as $post ) : setup_postdata($post);?>
<li><a href=”<?php the_permalink(); ?>”><?php the_permalink(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

3.カテゴリーのURLを一覧表示するコード

<ul>
<?php
$cat_all = get_terms( “category”, “fields=all&get=all” );
foreach($cat_all as $value):
?>
<li><a href=”<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>”><?php echo get_category_link($value->term_id); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

4.タグのURLを一覧表示するコード

<ul>
<?php
$tag_all = get_terms(“post_tag”, “fields=all”);
foreach($tag_all as $value):
?>
<li><a href=”<?php echo get_tag_link($value->term_id); ?>”><?php echo get_tag_link($value->term_id); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

貼り付けたら、「プレビュー」をクリックします。

Redirection用のCSVファイルを作成する

プレビュー画面に表示された全ての記事URLをコピーします。

表計算アプリケーションを新規作成し、「B2」にペーストで貼り付けます。

同様に「A2」にも貼り付け、選択範囲を維持したままドメインを引っ越し前のドメインに置換します。

「A1」に『source』、「B1」に『target』を入力します。

CSV形式で任意の名前を付けて保存します。

リダイレクト元サイトでCSVファイルを取り込む

リダイレクト元サイトのWordPress管理画面を開き、「ツール」⇒「Redirection」⇒「インポート / エクスポート」を開きます。

インポートエリアに事前に作成しておいたCSVファイルをドラッグ&ドロップ(または「ファイルを追加」からCSVファイルを選択)します。

選択されたファイルが正しいこと、「グループにインポート」が『転送ルール』になっていることを確認し、「アップロード」ボタンをクリックします。

転送ルールをクリックしてリダイレクト設定が反映されていればOKです。


リダイレクト元のURLを開いてリダイレクト先のURLが表示されれば完了です。

お疲れ様でした。

 

スポンサーリンク